分析重視!マンション管理士試験の攻略法

将来有望なものの多くはなんでもそうですが、世間が注目するようになるまでは、どちらかと言えば静かに広がっていくもののように思います。
古くはコイン駐車場などがそうで、近年ですとペットのお医者さんやトリマーなどが先見性ある業態・職業を選んだのだと言えるでしょう。

誕生から約10年、いまはまだそれほど認知度が高くない「マンション管理士」にも、そのことがまったく当てはまります。
人は誰でも面倒なことは先延ばしにしたいのが心情かもしれません。でも、いま日本のマンションが置かる状況には、いよいよ目を開いた対処を迫られている問題が山積しています。いまはまだ比較的新しい国家資格である、マンション管理士の存在なしには、到底解決できそうにない問題が、マンション暮らしをしている多くの方々を取り巻いているのです。

当サイトでは、そのような有望資格であり、これまで試験対策が立てにくいと言われ続けてきた、マンション管理士資格について、その仕事や試験の内容、また試験の難易度などについて解説しています。
特に、マンション管理士試験の難易度については、多様な視点から分析しています。
将来が有望な資格といっても、まずは試験を突破することが先決です。マンション管理士の難易度が、そうある理由を詳しく把握し、それに沿って試験対策を立てることが肝心です。

本編をお読みいただければご理解いただけると思いますが、マンション管理士は、ほかの独立型国家資格(たとえば社会保険労務士や行政書士)と同様に、かなり難易度の高い資格になっています。
一回の試験で合格をモノにするには、戦略的な対策が必要になります。
その点も踏まえ、各論ベースで書いています。
よろしかったら、ぜひみなさんの試験対策の参考にしてみてください。